十字架っていったいなんなの?(一人はみんなのために)

Sunday, 28. March 2021

十字架っていったいなんなの?(一人はみんなのために)

 

バラバとイエス
(ルカ 23:19−21 JCB)
しかし、人々はいっせいに叫び立てました。「そいつを殺せ! バラバを釈放しろ!」(19)バラバとは、エルサレムで政府転覆を図った罪と殺人罪とで投獄されていた男でした。(20)ピラトは、なんとかしてイエスを釈放しようと、なおも群衆を説得しましたが、(21)彼らは聞き入れません。「十字架だ! 十字架につけろ!」と叫び続けるばかりです。

(ルカ23:24-25b JCB)
しかたなく彼らの要求どおりに、イエスに死刑を宣告し、(25)反逆罪と殺人罪で投獄されていたバラバを釈放しました。

 

私たちとイエス
(ローマ5:7−9 JCB)
たとえ私たちが良い人間であったとしても、だれかが自分のために死んでくれるなどとは考えてもみなかったでしょう。 (8)しかし、私たちがまだ罪人であった時、神はキリストを遣わしてくださいました。そのキリストが私たちのために死なれたことにより、神は私たちに大きな愛を示してくださったのです。 (9)キリストは、罪人のために血まで流してくださったのですから、私たちが無罪とされた今は、もっとすばらしいことをしてくださるに違いありません。今やキリストは、神の怒りから、私たちを完全に救い出してくださるのです。

(1ペテロ 2:24 JCB)
キリストは、私たちの罪をその身に負って、十字架上で死んでくださいました。そのおかげで、私たちは罪から離れ、正しい生活を始めることができたのです。キリストが傷つくことによって、私たちの傷はいやされました。

(ヨハネ 19:30 ERVからの直訳)
「完了。」ワインを受けたイエスはそう言うと下を向き、息を引き取った。