蒔かぬ種は生えぬ 〜励ましは世界を変える〜

Sunday, 18. July 2021

蒔かぬ種は生えぬ 〜励ましは世界を変える〜

 

(2テサロニケ 2:17 JCB)
どうか、あらゆる励ましをもってあなたがたを勇気づけ、ことばと行いによって、善を追い求めさせてくださいますように。

(使徒 4:36-37 JCB)
キプロス島出身で、レビ人のヨセフもその一人です。彼はバルナバ〔慰めの子〕と呼ばれていましたが、 畑を売った代金を、「困っている人たちに」と言って、使徒たちのところへ持って来ました。

(使徒 15:36-39 JCB)
しばらくたつと、パウロはバルナバに、「以前に宣教した各地の町で、クリスチャンたちがその後どうしているか、ぜひこの目で確かめようじゃないか」と誘いました。(37) バルナバも、これに賛成でした。ところが、問題はだれを連れて行くかでした。バルナバはマルコを考えていました。(38) しかし、パウロは反対でした。というのも、彼はこの前、パンフリヤで、さっさと一人だけ先に帰ってしまったからです。(39) この件でのパウロとバルナバの対立は激しく、ついに別行動をとることになりました。バルナバはマルコを連れて、船でキプロスに渡りました。

(2テモテ 4:11 口語訳)
ただルカだけが、わたしのもとにいる。マルコを連れて、一緒にきなさい。彼はわたしの務のために役に立つから。

 

Take away

1 励まし=勇気を与える

2 励ましを通して最高の友達を作れる

3 世界一あなたを励ましてくれる存在“イエス”