牧師の紹介

ライフハウス、ロド&ヴィヴ•プラマー 主任牧師

ロド&ヴィヴ•プラマー

主任牧師


私たちの主任牧師、ロド&ヴィヴ・プラマー牧師は、全ての人へ神様の良い知らせを伝えていくことに情熱を持った真のパイオニアです。日本国内、また海外も含む全てのライフハウスの牧師を務めるだけではなく、これまでに長年、オーストラリアでも牧師を務め、タイ、フィリピン、インドネシアを始めとする数々の国で、教会開拓プロジェクトを率いてきました。

そして、神様からの使命に従い、オーストラリアのトゥーンバで成長していた大きな教会を譲り渡し、東京で新しい教会を開拓するために、二人の息子を連れて来日しました。多くの日本人の若者、外国人のリーダーたちにインスピレーションを与え、導く。そして、次は彼らが人々のニーズを助けることが出来るように備え、育てていく。そこから、首都圏、全国、世界でミニストリーをするリーダーを育てること、これがロド&ヴィヴ牧師の思いです。

「トレーニング牧師」として知られているロド牧師は、あらゆるミニストリーで仕える若者をこれまでも何百人も育て、弟子訓練をしてきました。2人は、「行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい」(マタイ28:19 新改訳)という聖書のことばを、まさに実行している主任牧師です。

“それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。”
(マタイ28:19 新改訳)

ライフハウス、ロド&ヴィヴ•プラマー 主任牧師

ルーク&いずみ・ケネディ

リード牧師

ルークは、14歳の時にオーストラリア・クイーンズランド州のロド&ビブ・プラマー牧師のリーダーシップのもと、クリスチャンになりました。また、大阪に来る前の18ヶ月間、ライフハウス東京の立ち上げに携わりました。

彼は、若い世代の牧師としてオーストラリアでも成功し、その伝道・弟子訓練・リーダーシップのモデルがここ日本でも用いられています。

2003年にルークが大阪に訪れたとき、彼は、何千人もの日本の若者がイエスに出会うというビジョンを神様から与えられました。

ルークといずみの願いは、日本中の若者がイエスに出会い、それぞれが可能性を最大限に引き出し、人生の全ての分野において成功していくのを見ることです。

ライフハウス東京、モンティー プラマー牧師

モンティー プラマー牧師

堀内朱馬(シヴァ) とアマンダはライフハウス立川で、東京の西側の地域の人たちにイエス・キリストの素晴らしい知らせを伝えることに情熱を持っています。 朱馬はライフハウス東京でクリスチャンになり、アマンダは大学卒業後、東京に移住したことをきっかけにライフハウスに来るようになりました。教会で仕えている中で、彼らは出会い結婚しました。


開拓チームは2014年からアウトリーチ、平日夜の礼拝やイベントを通して人々に出会いながら、次世代のリーダーたちをトレーニングして来ました。この間に2人は結婚し、朱馬はライフハウス立川の牧師として任命されました。2017年5月から正式にライフハウス立川が始まりました。

ぜひ来る予定を立ててみてください!

行ってみる