Life is Worth Living-人生には生きる価値がある

Sunday, 18. October 2020

Life is Worth Living

(Mark 5:24-35 NLT)A woman in the crowd had suffered for twelve years with constant bleeding. (26) She had suffered a great deal from many doctors, and over the years she had spent everything she had to pay them, but she had gotten no better. In fact, she had gotten worse. (27) She had heard about Jesus, so she came up behind him through the crowd and touched his robe. (28) For she thought to herself, "If I can just touch his robe, I will be healed." (29) Immediately the bleeding stopped, and she could feel in her body that she had been healed of her terrible condition. (30) Jesus realized at once that healing power had gone out from him, so he turned around in the crowd and asked, "Who touched my robe?" (31) His disciples said to him, "Look at this crowd pressing around you. How can you ask, 'Who touched me?'" (32) But he kept on looking around to see who had done it. (33) Then the frightened woman, trembling at the realization of what had happened to her, came and fell to her knees in front of him and told him what she had done. (34) And he said to her, "Daughter, your faith has made you well. Go in peace. Your suffering is over."

 

1.There is no fast pass. Whatever You're Suffering From, Jesus Can Help!

(Mark 5:25-27 NLT) A woman in the crowd had suffered for twelve years with constant bleeding. (26) She had suffered a great deal from many doctors, and over the years she had spent everything she had to pay them, but she had gotten no better. In fact, she had gotten worse. (27) She had heard about Jesus, so she came up behind him through the crowd and touched his robe.

(Luke 4:18 TPT) "The Spirit of the Lord is upon me, and he has anointed me to be hope for the poor, freedom for the brokenhearted, and new eyes for the blind, and to preach to prisoners, 'You are set free!'

(Romans 10:14 NLT) But how can they call on him to save them unless they believe in him? And how can they believe in him if they have never heard about him? And how can they hear about him unless someone tells them?You Matter To Jesus, You're Not Just A “Nobody” In The Crowd

(Mark 5:30-32 NLT) Jesus realized at once that healing power had gone out from him, so he turned around in the crowd and asked,

 

2. "Who touched my robe?"

(31) His disciples said to him, "Look at this crowd pressing around you. How can you ask, 'Who touched me?'" (32) But he kept on looking around to see who had done it.

(Luke 19:10 NLT) For the Son of Man came to seek and save those who are lost.

(Mark 5:34 NLT) And he said to her, "Daughter, your faith has made you well. Go in peace. Your suffering is over."

 

3.There's Hope In Jesus' Name

(Matthew 12:21 VOICE) All the world will find its hope in His name.

(Jeremiah 29:11 NIV) For I know the plans I have for you,” declares the Lord, “plans to prosper you and not to harm you, plans to give you hope and a future.

人生には生きる価値がある

(マルコ5:24-35 JCB) そこで、イエスはヤイロといっしょに出かけました。群衆は押し合いへし合い、イエスについて行きます。 (25) その中に、出血の止まらない病気で十二年間も苦しみ続けてきた女がいました。 (26) 多くの医者にかかり、さんざん苦しい目に会い、治療代で財産をすっかり使い果たしてしまいましたが、病気はよくなるどころか、悪化する一方でした。 (27) イエスがこれまでに行ったすばらしい奇跡を耳にした彼女は、人ごみにまぎれて近づき、背後からイエスの着物にさわりました。 (28)「せめて、この方の着物にでも手を触れさせていただけば、きっと治る」と考えたのです。 (29) さわったとたん、出血が止まり、彼女は病気が治ったと感じました。(30)イエスはすぐ、自分から病気を治す力が出て行ったのに気づき、群衆のほうをふり向いて、「今、わたしにさわったのはだれですか」とお尋ねになりました。 (31)「こんなに大ぜいの人がひしめき合っているのです。それなのに、だれがさわったのかと聞かれるのですか。」弟子たちはけげんな顔で答えました。 (32)それでもなおイエスは、あたりを見回しておられます。 (33)恐ろしくなった女は、自分の身に起こったことを知り、震えながら進み出てイエスの足もとにひれ伏し、ありのままを正直に話しました。 (34)イエスは言われました。「娘さん。あなたの信仰があなたを治したのです。もう大丈夫です。いつまでも元気でいるのですよ。」 (35)こう話しておられる時、ヤイロの家から使いの者が来て、娘は死んでしまったので、来ていただいても手遅れだと伝えました。

 

1.ファストパスはない。どんなことで悩んでいても、イエスはあなたを助けることができる!

(マルコ5:24-35 JCB) そこで、イエスはヤイロといっしょに出かけました。群衆は押し合いへし合い、イエスについて行きます。 (25) その中に、出血の止まらない病気で十二年間も苦しみ続けてきた女がいました。 (26) 多くの医者にかかり、さんざん苦しい目に会い、治療代で財産をすっかり使い果たしてしまいましたが、病気はよくなるどころか、悪化する一方でした。 (27) イエスがこれまでに行ったすばらしい奇跡を耳にした彼女は、人ごみにまぎれて近づき、背後からイエスの着物にさわりました。 (28)「せめて、この方の着物にでも手を触れさせていただけば、きっと治る」と考えたのです。

(ルカ4:18 JCB) 「わたしの上に主の御霊がとどまっておられる。 主は、貧しい人たちこの福音(神の救いの知らせ)を伝えるために、わたしを任命された。主はわたしを遣わして、捕虜には解放を、盲人には視力の回復をお告げになる。」

(ローマ 10:14 JCB)しかし、主を信じていなければ、どうして主に、「救ってください」と求めることができるでしょうか。また、主イエスのことを一度も聞いたことがなければ、どうしてそのお方を信じることができるでしょうか。だれかが教えてくれなければ、どうしてそのお方のことを聞けるでしょうか。

 

2.あなたはイエスにとって、「大勢のうちの一人」ではなく「重要な存在」

(マルコ5:30-32 NLT) イエスはすぐ、自分から病気を治す力が出て行ったのに気づき、群衆のほうをふり向いて、「今、わたしにさわったのはだれですか」とお尋ねになりました。 (31)「こんなに大ぜいの人がひしめき合っているのです。それなのに、だれがさわったのかと聞かれるのですか。」弟子たちはけげんな顔で答えました。(32) それでもなおイエスは、あたりを見回しておられます。

(ルカ 19:10-11 JCB) イエスは言われました。「その告白こそ、今日この家に救いが来たことのあかしです。この人も迷い出たアブラハムの子どもの一人なのだから。メシヤ(救い主)のわたしは、このような人を捜し出して救うために来たのです。」

(マルコ5:34 JCB) イエスは言われました。「娘さん。あなたの信仰があなたを治したのです。もう大丈夫です。いつまでも元気でいるのですよ。」

 

3.イエスの名前に希望がある

(マタイ12:21 JCB) 「彼の名こそ、全世界の希望となる。」

(エレミヤ 29:11 JCB)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。