コロナの中で「何をしたら良いのだろう?」(タマゴを忘れないで) エッグセレント

Sunday, 29. March 2020

10人の花嫁の付き添いのストーリー

 マタイ 25:1 ALIVE訳

神の王国を待ち望むのは、ランプを持って花婿の到着を待つ10人の女のようだ。

 

マタイ 25:2 ALIVE訳

10人の女はそれぞれ、愚かな5人と、賢い5人だった。

 

詩篇 94:8 JCB

愚か者どもよ。

イザヤ 19:11 JCB

ツォアン(エジプト北東部の有力都市)の助言者は、なんという愚か者でしょう。エジプトの王に進言する策さえ、全く愚かなものです。それでも、知識をひけらかすことができるのでしょうか。王の前で、学者の家柄を誇らしげに言えるでしょうか。

 

マタイ 25:3 ALIVE

ランプはあるが、肝心の油が十分入っていなかったことに気付く愚かな女たちと、

 

 マタイ 25:4 ALIVE訳

ランプと予備の油をビンに入れて用意した、賢い女たち。

 

マタイ 25:5 ALIVE訳

花婿の到着予定が大幅に遅れたことで、まぶたを支えきれなくなった女たちは、そのまま眠ってしまった。

 

マタイ 25:6 ALIVE訳

深夜になり、『花婿の到着よー!さぁっみんな集まって!!』そんな声が聞こえると

 

マタイ 25:7 ALIVE

女たちは起き、ランプに明かりを灯ともした。

 

 マタイ 25:8-9 ALIVE

が・・・、『少し、油を分けてください!油がもうなくなってしまいそうで・・・』愚かな女たちは、賢い女たちへ頼んだ。(9)『わたしたちの油も十分かどうか・・・自分たちで、買ってきた方が早いわよ』と、賢い女たち。

 

マタイ 25:10-12 ALIVE

仕方なく、愚かな女たちは油を調達しに行った。その間に花婿は到着。残っていた女たちはパーティーの為、中に入って行った。そして扉は閉じられ、カギがかけられた。(11)しばらくして、帰ってきた女たち。『殿方!殿方!ドアを開けて、入れてください!』ドアを叩き、何とか入れてもらおうとする。(12)『ダメに決まっているだろう。そもそもどなたですか?』とそっけなく答える花婿。

 

イエスからの大事な教え

マタイ 25:13 ALIVE

『備えあれば憂いなし』・・・!“この人”もいつ来るのかが定かではないのだから、いかなる場合にも備えておけ」

 

 

じゃあ、コロナの中でどうすれば良いのだろう?(4つのこと)

1.まず祈る

マタイ 6:9-13 ERV UKからの直訳

天のお父さん。あなたの名がいつも讃えられるように。あなたの王国よ、ここに来て!天で行われるように、あなたの思いをこの地で起こして!今日の必要を満たして!他の人を赦したように、私たちの過ちも赦して!誘惑から守り、悪から救って!

 

2.生産・製作 – 他の人を祝福するために何かを作る

 エペソ 5:16 MSGからの直訳

意味のないことをして時間を無駄にしないように、それはただやっているだけ。それは全て見せかけのもの。誰にも見えない暗闇の中でしか、できないことに人生を費やすことは大変なことだ。彼らの被っている偽善を破り、イエスの光の下でどれだけ魅力的なことなのか見てみなさい。寝ているなら起きなさい、棺から出て来なさい、キリストが光を見せてくれる!足元を気を付け、頭を使いなさい。全てのチャンスを上手く活用しなさい。今は大変なときだ!

 

3.プレゼン良い知らせを周りの人と上手くシェアする

2 テモテ 4:2 JCB

どんな時にも、神のことばを熱心に伝えなさい。機会があろうとなかろうと、つごうが良かろうと悪かろうと、しっかりやりなさい。過ちを犯している人には忠告して、正しい道に引き戻しなさい。そして善を行うよう励まし、神のことばを教え続けなさい。

 

4.ケアする素晴らしい人たちと繋がりケアする

ヘブル 10:25 MSGからの直訳

確信して、内側も外側も恥ずかしいものはないと信じよう。前進させてくれる約束を握りしめよう。神様は自分のことばを叶える人。集まるのをやめる人のようではなく、集まって賛美をするのを止めず、愛を励まし、人々を助けるために新しいことを発明していこう。特に、大事に日が近づいているのだから。