ストレスを軽減する

ストレスの無い、パウロの人生

2 コリント 11:24-28 JCB

ユダヤ人から、恐ろしい三十九回のむち打ちの刑を受けたことが五度あります。(25) それから、むちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度、一昼夜、海上を漂ったことが一度あります。(26) 幾度も長い苦しい旅をし、川がはんらんしたり、強盗に襲われたり、同国人からも外国人からも迫害されたりして、何度も危険な目に会いました。町々では暴徒に取り囲まれ、荒野や嵐の海でやっと命びろいしたこともあります。クリスチャンだと自称しながら、実はそうでない人たちに苦しめられたこともあります。(27)疲れ果て、苦しみ、たびたび眠れない夜を過ごしました。飢え渇き、食べ物もなく過ごしたこともしょっちゅうです。また服もなく、寒さに震えていたこともありました。 (28)こんなことのほかに、諸教会がどうなるかという心配を絶えずかかえています。 

2 コリント 12:9-10 JCB

そのつど返ってくる答えは、こうでした。「いや、治すまい。しかし、わたしはあなたと共にいる。それで十分ではないか。わたしの力は弱い人にこそ、最もよく現れるのだから。」だから今では、私は自分の弱さを喜んで誇ります。自分の力や才能を見せびらかすためではなく、喜んでキリストの証人になりたいからです。(10)すべてはキリストのためであることを知っているので、その「とげ」も、侮辱も、苦しみも、迫害も、困難も、大いに喜んでいます。なぜなら、弱い時にこそ、私は強いからです。――無力であればあるほど、それだけ、キリストによりすがるようになるからです。

 

どうやってストレスを軽減したらいい?

ピリピ 4:6-7 JCB

何事も心配しないで、どんな時でも神に祈りなさい。そして、祈りに答えてくださる神に感謝しましょう。 (7)そうすれば、人間の理解をはるかに超えた、すばらしい神の平安を経験します。キリスト・イエスにあって、その平安はあなたがたの心と思いを静め、安らかにしてくれるのです。

 

1. 心配するたびに祈る

1テサロニケ 5:17 NIVからの直訳

祈り続けなさい。

 

1テサロニケ 5:17 AMPからの直訳 

絶え間なく、持続的に祈り続けなさい。

2. 神様に感謝して、必要なものを神様に伝える

使徒 16:25 JCB

真夜中ごろ、パウロとシラスは、主に祈ったり、賛美歌をうたったりしていました。ほかの囚人たちもじっと聞き入っています。その時です。 

 

3. 心と考えを守る

箴言 4:23 JCB

何よりも、あなたの心を守りなさい。心は生活全体に影響を与えるからです。