ヨナのビジョン - 逃げることはできるけど隠れることはできない

ヨナ書 1:1-3 JCB
アミタイの子ヨナに、主から次のようなことばがありました。「あの大きな町ニネベへ行って、主からの知らせを告げよ。『わたしはおまえたちを滅ぼす。おまえたちの悪行がわたしの前に上り、その悪臭が天にまで達したからだ』と。」しかし、ヨナは行くことを恐れ、主の前から逃げました。ニネベとは反対方向の海岸の方へ向かい、ヨッパの港に着くと、タルシシュ行きの船が出るところでした。船賃を払って船に乗り込んだヨナは、主から身を隠そうと暗い船底に下りて行きました。
 
ヨナ書 1:5 JCB
身の危険を感じた水夫たちは、必死の思いで、自分の信じている神々に助けを叫び求め、船を軽くしようと、積み荷を海に捨てました。その間、ヨナは船底でぐっすり眠っていたのです。
 
ヨナ書 1:10 JCB
それから、主から逃げているところであることを話しました。人々は話を聞くと、とても恐ろしくなり、「何でそんなことをしたのか。 

 
ヨナ書 1:12 JCB
ヨナは言いました。「私を海に投げ込んでください。そうすれば静まるでしょう。このひどい嵐は私のせいだとわかっていますから。」
 
ヨナ書 1:15-17 JCB
そして彼らは、ヨナを荒れ狂う海に投げ込みました。すると、嵐はおさまりました。 人々は主の前に恐れ、いけにえをささげて、主に仕えることを誓いました。さて、主は大きな魚を用意して、ヨナをのみ込ませました。ヨナは三日三晩、魚の腹の中にいました。

 
ヨナ書 2:3 JCB
あなたは私を大海の深みに投げ込まれました。私は大水の流れの中に沈み、激しくさかまく波をかぶりました。

 
ヨナ書 2:10 JCB
そして主が命じると、魚はヨナを海岸に吐き出しました。
 
神様のビジョンに従う時起こること
1.神様の必要の満たしはときには普通じゃない
 
 2.人々が救われる
 
 3.イエスを示すために使われる
 
マタイの福音書 12:39-41 JCB
しかしイエスは、お答えになりました。「邪悪な不信の時代の人々は、証拠を要求するのです。けれども、預言者ヨナに起こったこと以外は、何の証拠も与えられません。 40つまり、ヨナが三日三晩大きな魚の腹の中で過ごしたように、メシヤのわたしも、三日三晩、地の中で過ごすからです。 41さばきの日には、あのニネベの人々が、あなたがたをきびしく罰する側に立つでしょう。ニネベの人々はヨナの教えを聞いて、それまでの堕落した生活を悔い改め、神に立ち返ったからです。ところが、今ここに、ヨナよりもはるかにまさる者が立っているのに、あなたがたはその人を信じようとしません。