資金が少ないけれど沢山の機会がある時にどうしたら良いか?

箴言 11:24 新改訳

ばらまいても、なお富む人があり、正当な支払いを惜しんでも、かえって乏しくなる者がある。

 

箴言では、当時の農業が例えとして多く使われています。

 

この箴言では、豊作を期待して、様々な場所に惜しみなく種を蒔いている農家の生活が例えとなっています。それぞれの作物において、彼らはどの作物をどれくらいの量、どこに、いつ植えるかを決めなければなりません。農家だけでなく、ビジネスの世界にいる多くの人々にとっても、ある程度の「リスク」は付き物です。

 

 

私たちの友人である農家の夫婦が、私たちを彼らの農場に招待してくれた時に、このことを直接目の当たりにしました。

 

当時のオーストラリアは7年にも及ぶ干ばつに見舞われ、国中の農家が破産に追い込まれ、その結果として自殺率の上昇もありました。

 

この夫婦は技術に精通していて、長期的な天候の傾向やパターンに沿って農業の計画を進めています。彼らは過去に農業にとって厳しい時期を経験したことがありました。雨がまだらに降るくらいで、他に良いことはないような時期でした。しかし、彼らはイエスから目を離さずに、夫婦で祈り、解決策を神様に求めました。彼らは神様が「種を蒔く時が来た」と言っているように感じました。

 

そこで、彼らは予測していた雨のパターンに合わせて適切な作物を選び、種を蒔きました。二度、雨が降りました。一度目の雨のおかげで作物は芽を出し、二度目の雨のおかげで作物は成熟し大きな収穫がありました。

 

友人の畑へ向かう長いドライブの途中で通り過ぎた全ての畑には作物が全くなっていませんでした。

 

しかし、友人の土地に来ると、あたり一面に美しい作物が広がっていました。彼らの豊作はとんでもなく高値な金額で売られ、一年でそれまでの七年間の干ばつで負った借金を完済したのです。さらに素晴らしいのは、それでもお金が有り余ったことです!

 

それを見た彼らの隣人たちは、何を植えるべきかどうやって知ったのかと聞きました。彼らは「神様に祈り、神様が蒔くべき種を心に語って教えてくれた」と答えたのです。

 

資金が少ないけれど沢山の機会がある時にするべき6つのコト

1.与え続ける

これはあなたがしようと考えたこととは正反対のことかもしれませんが、箴言にある農業の原則と似ています。農家は、どんな種を蒔くときでも、損得の両方の可能性があるのです。それはリスクを伴うものなのです。

 

あなたが普段やっている良いことは、すべて継続しましょう。例えば…

  1. 寛大でいること
  2. 神様の声を聞くためのジャーナル

iii. 神様へのシンプルで心の込もった祈り

  1. 神様を賛美すること
  2. 人を励ますこと
  3. 赦し、その傷を手放すこと

 

心を強く持ってください。これらは豊かな人生につながる種です!

 

2.インスピレーションを与え続ける

将来について迷っていて、不確かな時期を歩んでいる時にこそ、これは特に重要なことです。模範を示してリードしてください。たとえあなたが、何かに葛藤していたとしても、それについて正直になっても良いのです。それでも、前に述べたように、神様があなたに教えてくれた良いことを続け、神様の素晴らしさに満足して、喜びましょう。あなたの周りの人たちは、あなたが持っているものを欲しいと思い、困難な時期に神様があなたを導いているのを見て、あなたの模範についていくようになるでしょう。

 

“自分は導いていると思っていても、誰もついてきていないのであれば、あなたはただ散歩をしているだけなのです。”

– ジョン・C・マクスウェル

 

 

あなたがリーダーなら、「ただの散歩」になってしまわないように気をつけましょう。

 

3.機会を見る

以下のような戦略を探してください:

  1. 低コスト
  2. 高効果

iii. 簡単

 

4.正しいことにお金を使う

これは支出が少なくなればなるほど、貯蓄が増えるということかもしれません。自分自身に問いかけてみてください:「私は費用を認識しているか?」 あなたは自分の家計、会社や部署の予算を把握していますか?全体のコストを記録し、計算して、予算を上手く管理できるようにしましょう。

 

5.情熱的な人々を育成する

「私は情熱的な人々を育てているか?」と自分自身に問いかけてみて下さい。驚くべきことに、彼らは私たちの周りにいるのです!もし情熱的な人々が周りに見当たらなければ、育成するべき人を示してくれるように神様に祈ってみて下さい。育成してトレーニングすることは低コストですが、みんなにとって素晴らしい報酬をもたらします。やりがいがあることなので、今日から是非試してみてください!

 

6.まわりに勝利を与える

ある分野で成功したのであれば、その勝利を周りの人にも流していきしょう。私たちは今、このパンデミックの中で学んだ知識や経験、ノウハウを、自分たちのキャンパスの人たちや、他の教会の友人たちと共有しています。人々がもっと夢を見て、祈り、神様を求めることができるようになるのを助けられることは、とても嬉しいことです。不平を言う代わりに、神様があなたに与えてくれたもので何ができるか準備してみてください。

 

まとめると、この箴言のことばと農家の友人たちの話から学んだ教訓は「神様を求め続け、種を蒔き続ける」ということです!

 

英語のメッセージ訳で、この箴言の箇所をもう一度見てみましょう。

 

箴言 11:24 MSG直訳

“寛大な人の世界はどんどん大きくなり、ケチな人の世界はどんどん小さくなる。”

 

そして最後に、それをさらによく表している名言がこちらです。

 

“手放して、上に進もう!” – ジョン・C・マクスウェル