夢とビジョン

‭‭使徒‬ ‭2:17‬ ‭JCB‬‬

神は言われる。 終わりの日に、 わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。 その時、あなたがたの息子、娘は預言し、 青年は幻を見、 老人は夢を見る。

 

最近、私たちライフハウス教会の牧師の1人が、以前の職場の同僚から連絡をもらいました。彼女は、夢の中で自分の願いが実現するのを見ました。後日、その夢は現実でも同じように起こりました。とても大きな体験だった為、彼女は海外にいる自分の家族にそのことを伝えました。驚くことに、家族の数人も似たような夢を見ていたことが分かりました。これは普通の夢ではなく、霊的な夢だと彼女は感じました。とても印象に残る夢だったので、彼女はその夢について質問をしに教会へ行きました。そのキャンパスの牧師は、彼女のために祈り、イエスに導く機会を与えられました。 

 

神様は夢とビジョンを通して人々に語りかけます。

どの国の出身であれ、どの年代であっても、全ての人が神様の声を聞くことができます。 たとえ神様の声を一度も聞いたことがない人でも、聞くことができるのです。 神様は私たちの人生に目的を与えたいからこそ、私たちに語りかけるのです。

 

‭‭箴言 ‭29:18‬ ‭JCB‬‬

神様を知らない国民は好き勝手に振る舞い、手がつけられませんが、国中の人が神様の教えを守ろうとする国は幸いです。

 

神様のことばは、彼が私たちの人生にもたらす夢とビジョンについて明らかにし、理解出来るように助けてくれます。

 

夢とビジョンがなぜ重要なのか?

なぜ夢とビジョンが私たちにとってそれほど重要なのでしょう?なぜなら、ビジョンとは目的だからです。神様の導き(Tora)に従うと、私たちの魂は至福(幸福)で満たされます。私たちが誰かにジャーナルをするよう励ます時、私たちは自信を持つ必要があります。ジャーナルをするということは、人生の中で神様のことばを優先することであり、私たちはその人が幸福の中を歩めるように助けているのです。

ジャーナルとは、聖書を通して直接語ってくれるように神様に求めることです。とてもシンプルなので、誰にでも出来ます!私たちは永遠に成長し続け、日々食糧を必要とします。誰一人例外はなく、私たちは成長しきることはないのです。

 

ビジョンとは「どう」見るか

ビジョンはあなたが「何を」見るかではなく、あなたが「どう」見るかです。そうであれば、あなたは今年、何を夢見ていますか?コネクトグループや、ドリームチーム、キャリアについて…教会や、学びについて… 自分の夢やビジョンが失なわれた、死んでしまったと感じている時でさえ、神様のことばは、新たにビジョンと夢を吹き込んでくれます。

 

神様が語りかけてくれることを期待して、残りの2020年に臨みましょう。

 

エゼキエル 37:9 JCB

そこで、主は私に、息に呼びかけて次のように語れ、と命じました。「神である主が言う。さあ、息よ、四方から風のように吹いて来い。この殺された者たちの体に吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」