ピースメーカー(平和をつくる者)6ーお金から自由な人

俺には小さな子どもが3人いてとっても仲が良いんだけど、ケンカをする一番の理由の1つは、「これワタシのー!」👧「これボクのー!」👦って自分の物を主張すること。 そしてたまに俺も「これオレのー!」ってそのケンカに加わってしまったり笑

世界で起こる争いも、多くは「これワタシのー!」っていう主張から始まっている。そして大人になるとそこにはほぼ必ず、お金💰が関わってきて、「自分のお金」が頭の大部分を占めてしまったりもする。

だから俺らが自分の周りに平和をつくっていくには、お金から自由に生き続ける必要があるよ。ここで言っているのは、「お金に不自由なく」っていう話ではなく、「お金に支配されない」という話。だから今から書いていくことは自分がどれだけお金持ちでも、貧乏でも、今のあなたに適用出来ること!自分の人生に取り入れてみて。

  1. 自分の人生は完全に受け身で始まったことを思い出す。
    この地球を作った人はいないし、空気を作った人はいないし、水を作った人もいないし、自分自身を作った人もいない。それらは全部私たちに与えられ、任されたもの。だったら何で何かを指差して「これワタシのー」って怒った顔して生き続けなきゃいけない?与えられたものに、みんなで「ありがとう」って言って、責任感もって生きよう。
  2. 受けるよりも与えるほうが幸せだと知る。
    もちろん何か良いものをもらうのは嬉しいけど、何か良いものをあげれるのはもっと嬉しい。神様は俺らに、多くの良いものを与えてくれてる。それは俺らが世界に良いものを流していけるため。だから俺らは、何かを受け取って「これワタシのー」って止めてしまうよりも、「これ美味しいよ!どうぞ!」って言えた方がずっとずっと幸せなんだよ!
  3. 誰にも奪われない財産を知る。
    そうは言っても、自分でも何かを持っていないと不安だよね。何かを握りしめていたいよね。多くの人にとってはそれがお金なんだと思う。お金は、この世界で大きな力を持っていて、それにひざまずきさえすれば、安心や楽しみや素晴らしい色々なものが手に入る。そうやって俺らは知らずと、お金の奴隷になってしまう。

でも認めよう。お金という財産は簡単に奪われてしまえる。だからみんな、人間関係を犠牲にしてでもそれを守ろうとしてしまう。
だったら何が、俺らが握りしめて大丈夫な「誰にも奪われない永遠の財産」?

それは、この全てを俺らに与えてくれた神様との関係。これは天国にも持っていける、最高の財産。
そしてお金ではなくその関係を選ぶ時、今あなたが生きている人生にも素晴らしい人間関係が築かれていくからさらに最高!
それが天国での、リッチさの定義だと思う。だから今日も、このお金よりも関係を大切にしよう。その時に、平和はつくられていくから。

イエスの弟子だったユダはイエスをお金(銀貨30枚)で売り、裏切った。
でもイエスは人生全てを捧げて(十字架)、俺らと神様の関係(永遠の財産)を買い戻した。その関係は、イエスが買ってくれたから無料だよ!だからそれを受け取って、「ありがとう」と言って、「これどうぞ!」と与え続ける人生を一緒に生きよう。

宣希